一軒家

災害に強い家なら桧家住宅が最適|利用者の評判を確認しよう

生活スタイルに合わせた家

桧家住宅の生活スタイルに合わせた家は丈夫で、安心して長く住めそうとの評判です。桧家住宅では、長期優良住宅を採用しており、建築する際に高品質な素材が使われている上に、税制面で優遇を受けることもできます。

長く安全に生活するため

室内

太さ4寸の柱を使用

ハウスメーカーの評判は、住宅の費用対効果によって左右されます。具体的には、長持ちする住宅をローコストで建てるハウスメーカーほど、評判が良いのです。これは日本の住宅が、四季による気温差で劣化しやすい上に、物価の高さから高額となっているからです。そのため多くの人が、少ない費用負担で寿命の長い住宅を建てるハウスメーカーを選んでいます。そして、特に評判が良いことで知られているハウスメーカーが、桧家住宅です。日本の住宅の耐用年数は25〜30年ほどですが、桧家住宅ではそれを100年に延ばすことを目標とした家造りが行われているのです。具体的には桧家住宅では、住宅の軸となる柱に、4寸の太さにカットした桧を使用しています。一般的には3.5寸の木材が使われているので、桧家住宅の柱は、それと比較すると頑丈で折れにくいと言えます。しかも太い柱を支えるために、基礎も頑丈に作られているのです。そのため桧家住宅で建てた住宅は、劣化対策等級や耐震等級が、どちらとも最高ランクの3となっています。長く安全に生活できる可能性が高く、それでいて建築坪単価が40万円台と比較的安いので、それが評判の良さにつながっているのです。また桧家住宅の住宅では、ソーラーシステムや空調システムを導入することも可能となっています。前者には、太陽光から作り出した電気を利用できるというメリットがあります。そして後者には、室温が保たれやすくなることから、冷暖房器具に頼らない生活が可能となるというメリットがあるのです。どちらも経済的なプランということで、注目を集めています。

災害に強いハウスメーカー

桧家住宅で注文住宅を建てるときの費用は、坪単価40万円から60万円程度が相場になり、全ての家が長期優良住宅になります。また標準仕様の設備が充実しているため評判が良く、オール電化や住宅の照明が標準仕様で付いてくるプランもあります。

住みよい家で新生活

桧家住宅は、リーズナブルな費用で家が建てられるメーカーとして、全国の方が注目をしています。選択肢の豊富さやスペースを有効活用出来る設計などは、特に桧家住宅の評判を高めている魅力です。桧家住宅は温度管理がしやすく、様々なデザインが取り入れられます。